タグ「鎌仲ひとみ、東京新聞、言いたい放談」 の検索結果(1/1)

2013年4月25日

【記事掲載】東京新聞"言いたい放談"2回目の記事が掲載されました! [ メディア掲載, 鎌仲監督便り ]


※東京新聞、担当の記者さんより許可をいただき、転載させていただきます!


130424tokyoNP.JPG


*******************************

「疎明」で動かす原発 鎌仲ひとみ

 

2013424日 東京新聞朝刊 放送芸能面「言いたい放談」に掲載)

 

4月16日、大阪地裁で大飯原発三・四号機運転停止仮処分を求める裁判の判決が出た。

小野憲一裁判長は原告の申し立てを棄却した。

まず三つの活断層が同時に動く可能性があることを認めた。

そうした場合、原子炉の暴走を止める制御棒が何秒で挿入されるか。

原告は2.2秒を超える、と主張。関電は1.8秒位だから大丈夫と主張。

関電はこれを独自の計算であり、国に計ったものではないことを文書で認めた。

核暴走は0.1秒の遅れが命取りとなる。

 

結果、判決では関電の「独自の」計算を全面的に支持した。

加えて、原発敷地内の活断層について、これは活断層ではなく地滑りと考えるのが妥当、と裁判長自らが判決文に書き込んだ。

敷地内の活断層に関しては目下、専門家の議論が続いており、実は結論が出ていないのにも関わらず裁判長は「独自の」判断を示した。

 

そして、ここが重要。「安全上の基準を満たしていることが疎明された」と結論したのだ。

 

「「疎明」って何?と調べてみると 「どうも確からしいと裁判官が推測できる状態」だと。

 

原告の一人、武藤北斗さんは 「三権分立とは何かと。誰が電力会社の暴走を止めるのか、司法ではないのか」。

彼は311で石巻の水産工場を流され、一日、家族六人がコップ一杯の水を分け合って生き延び、乳飲み子を連れて大阪へ避難移住した体験を持つ。

原発安全神話への回帰を強く懸念している。