2010年9月10日

緊急報告2 中国電力が深夜の埋め立て工事強行の中止を宣言しました

祝島島民blogより

http://blog.shimabito.net/?day=20100910

 9月9日夜間から本日未明にかけ、中国電力は埋め立て工事を再開するために周防大島から上関町の白浜沖まで複数の作業台船を曳いてきましたが、夜間の危険な作業に対する祝島の漁船の直接、あるいは田ノ浦で船を並べての抗議もあり、午前1時過ぎに本日の作業中止を宣言しました
 数々の不祥事や住民の理解を得ないまま工事を強行しようとするなどの中国電力自身の責任で、埋め立て工事は本来の期間である3年のうちすでに約1年もの間、具体的な作業は進んでいません
 だからといって安全を無視した作業の強行は決して許されることではありません

 今回の中国電力の埋め立て工事の深夜の強行は、明らかに危険な行為であり、安全の確保や地元住民の意思を無視した暴挙です
 前回の緊急報告でお伝えしたように、中国電力のこの暴挙になにかしらの思いを抱かれた方は、あらためて下記連絡先にご自身の考えをお伝えください
またblogやメーリングリストへの転載、リンク、マスコミや国会議員など、広い範囲への呼びかけもぜひお願いいたします

中国電力
TEL 082- 241-0211
FAX 082- 523-6185
メールフォーム
https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1

中国電力 上関原発準備事務所
TEL 0820- 62-1111

山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599
メールフォーム
https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://888earth.net/mt/mt-tb.cgi/310

コメント[2]

原発への質問に備え専用窓口 '10/9/12

山口県上関町で原発建設計画を進める中国電力は、計画への質問に答える専用窓口を同町長島の原子力PR館「海来(みらい)館」に開設した。原則として社員が毎週木曜の午後3~5時に待機し、対応している。
原発建設予定地では同町祝島の島民たち反対派が監視活動を続け、海面埋め立て工事は昨年11月から中断している。中電は、原発の安全性への疑問に答え、理解を得る取り組みの一環として8月19日に窓口を設けた。

また、中電は8月中旬から、祝島の約300世帯を対象に週一回の説明文書の郵送を始めた。島根原発(松江市)近海のワカメ養殖やハマチ漁などを写真付きで紹介。中電上関原発準備事務所は「魚がとれなくなるなどの誤った認識を解いていただきたい」としている。

9月13日に、深夜、中電は、工事再開をする文書を祝島民に
渡したという情報_(ツイッターでありましたが)
これは、最新情報ですか?