2011年6月23日

STOP!上関原発! メルマガ 第77号(2011.6.21)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    「STOP!上関原発!」 メルマガ 第77号(2011.6.21)
          http://stop-kaminoseki.net/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 新聞報道によると、上関町長が今日午前中の町議会で「今は原発を前提と
しているが、原発がない町づくりも含めて考えていかざるを得ない」と話さ
れたようです。
 ただ、「私の一存で白紙に戻すわけにはいかない。町長として、原発関係の
財源なくして町民の生活を維持することは難しい」と推進の立場は維持しています。


上関原発計画 現地の最新情報は
○RadioActive(http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
○虹のカヤック隊ブログ(http://ameblo.jp/nijinokayaker
○UrauraNews(http://iwaijima.jugem.jp/
等で紹介されています。

───────────────────────────────
           イベント情報 <東京都>
───────────────────────────────

◎福島原発震災から海洋の放射能汚染を考える ―瀬戸内海と原発― 
    
 海の汚染は、食物連鎖に伴い、プランクトン、コウナゴなどの生物濃縮を経て、
サンマ、カツオなどに及び、海の生態系への影響が大いに危惧され、更に数か月
を経て私たちの食卓に上ります。
 福島原発による海洋汚染の状況と、放射能の拡散、濃縮の予測。
また、瀬戸内海で福島原発災害のような事故が起きたらどのようなことが予想
されるのか、海と原発の関係を考えます。

【日時】 2011年 6月23日(木) 16:30~18:30

【会場】 衆議院第一議員会館 B1 大会議室 
     最寄り駅:国会議事堂前(千代田線・丸の内線)
          永田町(有楽町線・半蔵門線・南北線)

【資料代】 500円

【プログラム】

1. 花岡和佳男さんの報告 (国際環境NGOグリーンピース海洋生態系問題担当)

 グリーンピースの調査船「虹の戦士号」で福島第一原子力発電所を中心に太平洋沖、
および漁港などを回って沿岸域での、海洋の放射能汚染の調査を実施されました。
その調査報告をしていただきます。

2. 湯浅一郎さんの講演 (理学博士 海洋物理学・海洋環境学、ピースデポ代表)

 福島原発から流された放射能がどのように拡散し濃縮されるのか、海流や海況、
生物の生活史、ビキニの経験等から考えます。
 一方、瀬戸内海は「閉鎖性水域」で、海水が入れ替わりにくい構造を持ちます。
計画中の「上関原発」や、現在瀬戸内海に唯一立つ「伊方原発」での原発災害を想定
する時、瀬戸内海の環境保全は可能なのか、瀬戸内法など既存の法律は有効なのか、
海洋物理学・海洋環境学を専門とする湯浅氏に問題提起と提言をしていただきます。

【主催】
「上関原発どうするの?」 ~瀬戸内の自然を守るために~
   http://kaminoseki.blogspot.com/
環瀬戸内海会議
   http://ww1.tiki.ne.jp/~rkshizutani/

【連絡先】 dousuru_net@mail.goo.ne.jp
                       ↑
           (アンダーバー有)
         電話 03-03357-3800 (原子力資料情報室気付 担当 伴または永井)

【プロフィール】
<湯浅一郎>
1949年東京生まれ。東北大学理学部地球物理学卒。専門は海洋物理学、海洋環境学。
元産業技術総合研究所研究員。1975年、通産省中国工業技術試験所(呉市)に入り、
2009年まで瀬戸内海汚染問題に取り組む。理学博士。
 現在、NPO法人「ピースデポ」代表。環瀬戸内海会議顧問、核兵器廃絶をめざす
ヒロシマの会運営委員。著書に『科学の進歩とは何か』(第三書館)、『平和都市
ヒロシマを問う』(技術と人間)、『地球環境をこわす石炭火電』(共著)(技術と人間)
など多数。

●衆議院議員会館には、第一と第二がありますので、ご注意ください。
●衆議院第一議員会館の内側の入り口付近に、通行証を配るスタッフがおります。
 院内集会に参加する旨を伝え、通行証を受け取ってから中にお進みください。


───────────────────────────────
           イベント情報 <山口県>
───────────────────────────────

◎シンポジウム「原発震災にどう向き合うか」

【日時】7月2日(土) 14:00~

【場所】ニューメディアプラザ山口 
    山口市熊野町(083-921-1125)

【会場整理費】500円

◆パネリスト
・高島美登里さん(長島の自然を守る会代表)
・澤村和世さん(原発いらん!下関の会)
・那須圭子さん(写真家)

◆コーディネーター
三宅義子さん(平和憲法ネットワーク共同代表 元県立大教授)

【主催】平和憲法ネットワーク 山口県平和運動フォーラム内 
    山口市緑町3-29
    083-922-1841

───────────────────────────────
           イベント情報 <山口県>
───────────────────────────────

◎第57回山口県母親大会

【日時】7月3日(日)10:00~16:00

【場所】山口県立宇部中央高校
    (宇部市東梶返4丁目10-30)

【資料代】500円(要予約 保育所あります おやつ代200円)

【スケジュール】
  分科会 10:00~12:00(分科会は17あります)
  全体会 13:00~16:00

◆子ども・教育の問題テーマ
 1「親子で太鼓をドンドコドン!」助言者 黒五郎ひろしさん(en.代表)他

◆くらし・環境の問題テーマ6
 6「食を大切に~塩の話から食を考える」助言者 百姓庵主宰 井上義さん

12「日本の環境と原子力発電所」助言者 山口大理学部教授 増山博行さん

全体会の記念講演
「だまし世を生きる知恵 パート2」 
立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長 安斎育郎さん

*母親という立場じゃなくてもどなたでも参加できます
詳細は以下の連絡先にお問い合わせ下さい

【連絡先】 山口県実行委員会  083-924-5833
      宇部地区実行委員会 0836-51-4829


───────────────────────────────
           イベント情報 <愛媛県>
───────────────────────────────

◎環瀬戸内海会議 第22回総会・記念講演会
瀬戸内海と原発 ―福島原発震災から伊方原発と上関原発計画を考えるー

【日時】 2011年7月9日(土)  

【場所】コムズ5階 大会議室
     松山市三番町6丁目4番地20 

【参加費】 700円

【スケジュール】
  13時 「福島の放射能汚染についての現地報告」
     講師:山田国廣氏(京都精華大学教授、環瀬戸内海会議顧問)

  14時 「福島原発震災から、伊方原発・上関原発計画を考える」
     講師:湯浅一郎氏(ピースデポ代表、環瀬戸内海会議顧問)


◆6月14日、フジテレビ系列「ニュースJAPAN」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00201382.html


  ───────────────────────────────
                    イベント情報 <山口県>
───────────────────────────────

◎10フィート映画を上映する下関市民の会総会・記念講演
  「もう原子力にはたよらない」

【日時】7月9日(土)14:00~15:30

【場所】下関勤労福祉会館3階研修室

【講師】山戸孝さん 

原子力にはたよらない、エネルギーも自給自足しようという祝島の取り組みを
うかがって、みんなでいっしょに考えましょう。

【入場料】無料

【主催】10フィート映画を上映する下関市民の会 


───────────────────────────────
                     イベント情報 <山口県> 
───────────────────────────────

◎上関原発計画白紙撤廃に向けた
「飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所所長)講演会」

 祝島島民の会 山戸貞夫さんによる現地報告もあります

【日時】 7月10日(日)14時~17時

【場所】 労福協会館 4階会議室(山口市緑町3-29)

【参加費】 無料

【主催】 コープやまぐち労働組合・9条の会 (?083-972-2313)
http://red.ap.teacup.com/applet/yamaguti9/107_1/image


───────────────────────────────
         気になる情報
───────────────────────────────

◎ジブリ横断幕は宮崎駿監督が考案!(シネマトゥデイ 2011/06/17)
http://www.cinematoday.jp/page/N0033141

◎柳井市議会「上関原発いったん凍結を」意見書案可決の見通し(読売新聞 2011/006/20)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110620-OYS1T00694.htm

◎上関町長「原発なしの町も検討」、町議会で言及(47News 2011/06/21)
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011062101000458.html

◎「脱原発」は平行線 大阪市長・関電社長会談(大阪日日新聞 2011/06/21)
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110621/20110621021.html

◎橋下知事「幼稚園以下のシナリオ」 原発再開求める関西経済界を痛烈批判(産経ニュース 2011/06/21)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110621/lcl11062112090003-n1.htm


==============================★
●発行責任者  STOP!上関原発!メルマガ編集者 國弘秀人
●Webサイト http://stop-kaminoseki.net/
●お問い合わせ kunihiro@iwaishima.jp
●メルマガの登録・解除は、http://stop-kaminoseki.net/
※このメルマガは転送歓迎です。
★==============================

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://888earth.net/mt/mt-tb.cgi/474