2011年11月22日

鎌仲ひとみ監督より・早稲田ジャーナリズム大賞の受賞コメントが届きました♪ [ イベント報告, 制作スタッフ便り, 鎌仲監督便り ]



早稲田表彰.png早稲田集合写真.jpg

去る11月10日、石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞の贈呈式がありました。

「ミツバチの羽音と地球の回転」は文化貢献部門の奨励賞を受賞。

惜しくも大賞には手が届きませんでしたが、2001年の制定以来、毎年すぐれたジャーナリストに贈られてきた栄えある賞をいただき、鎌仲ひとみ監督も、小泉修吉プロデューサーも、感無量の面持ちでした。

皆さんの応援の賜物です。本当にありがとうございました!

鎌仲監督にとっては、早稲田大学は母校でもあります。

受賞スピーチでは「大学時代に買ったのよ♪(!)」というスーツで登壇。

皆さんへの感謝の気持ちと映画への想いを、めいっぱい伝えてまいりました。

 

その時の受賞コメントをご紹介いたします!


:::::::::::::::::::::::::::::::

 

早稲田ジャーナリズム大賞石橋湛山奨励賞を受賞して。

 

前作「六ヶ所村ラプソディー」は日本のドキュメンタリー映画の中で最も観客を得た一本と言われています。650ヶ所で上映していただきましたが、何一つ賞をいただけませんでした。

今回、「ミツバチの羽音と地球の回転」がこのような賞をいただけたこと、素直にありがたいと思うと同時にまた一方であの福島原発の事故がなかったならどうだろう?とも想像します。

ジャーナリズムは誰のためにあるのか?私は誰のために映画を創るのか?という問いはいつも胸にありながら大儀とエゴの間を揺れ動いているのが本音です。

それでも、「ヒバクシャ―世界の終わりに」から核・被曝・エネルギーをテーマに描き続けてこられたのはひとえに映画を支えてくださった無数の観客のおかげだと感じています。

そして何よりも私のカメラを受け入れ、自分を晒して下さった祝島の人々なしには映画そのものもありえないのです。

本来、賞をいただくのは祝島の人々だと思います。

その取り組みを撮らせていただいた私がいただくのは本末顛倒だと思います。

ジャーナリストとはあさましい職業ですね。

それでも、作品を評価していただけたことは大変、ありがたい。

私の映画は映画そのものにも増して、上映活動に価値があると思っています。

映画を地域で上映するために動いて下さった人々の苦労は計り知れません。

でも、その苦労が地域で素晴らしいネットワークを築くことに繋がっていることが何よりもうれしいのです。

二つの車輪が、単に映画を観ることを超えて社会を変える力となる。

それこそが私が期待していることです。だから映画は開いていたい、と心がけてきました。

反対する人も賛成する人も間で揺れている人にも。

そして隠されてきた大事な情報に対しても。

福島原発事故の後、情報は命に繋がることがより一層鮮明になってきました。

まだまだやるべきことが山積みですが、今ひと時は皆様とこの賞の喜びを分かち合いたいと思います。

支えてくださってありがとうございました!

スタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

そしてこれからもどうぞつながっていけますようにと願っております。

 

鎌仲ひとみ


:::::::::::::::::::::::::::::::

11月30日、「THE FUTURE TIMES」創刊! [ メディア掲載 ]

後藤正文さんが編集長の新聞、「THE FUTURE TIMES」がついに創刊!
11月30日配布開始です!

創刊号には、後藤さんと、環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也さんと鎌仲ひとみ監督の鼎談が掲載されます! どうぞお楽しみに♪ 配布先情報は、追ってお知らせいたします。

img002.jpg

http://www.thefuturetimes.jp/archive/no00/no01/

創刊号は「住まう」をテーマに、
坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体more treesの復興を後押しする被災地支援プロジェクト『LIFE311』の紹介をはじめ、坂口恭平さんの『ゼロセンター』、エネルギー対談として映画監督の鎌仲ひとみさんと環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也さんと後藤との鼎談、そして様々な視点から福島を語る現地からの言葉を集めたインタビュー集、また俳優の伊勢谷友介さん、アートディレクターの森本千絵さん、the HIATUSの細美武士さん、コンテンツディレクターの兼松佳宏さんが登場したそれぞれが思う「未来」について語るページなど、さらに内容も充実。

そしてこの記念すべき創刊号では、新聞を手にした人がアクセスできるダウンロードコードが記載されており、後藤正文が作詞/作曲した最新楽曲『LOST』(short ver.)をPCにダウンロードして聴く事ができます。

続きを読む "11月30日、「THE FUTURE TIMES」創刊!"

2011年11月20日

「STOP!上関原発!」 メルマガ 第84号(2011.11.19) [ 上関原発最新情報 ]

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「STOP!上関原発!」 メルマガ 第84号(2011.11.19)
      http://stop-kaminoseki.net/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 自民党の安倍晋三元首相が、都内で行われた中国経済連合会(会長・山下隆
中国電力会長)との懇談会で「地元経済界が原発は必要だという強い意志を示
さないと、上関を進めるのは極めて難しい」と述べた。というニュースが流れ
ました。
 まだ油断は禁物。上関原発計画が白紙撤回されるまでは、みんなで声を上げ
続けないといけないですね。上関に隣接する柳井市で「さよなら原発」集会と
パレードが11月27日(日)に開催されます。できるだけ多くの人が集まり、
「上関原発計画の白紙撤回」を求めてアピールしましょう!


上関原発計画 現地の最新情報は
○祝島島民の会Blog(http://blog.shimabito.net/
○RadioActive(http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
○虹のカヤック隊ブログ(http://ameblo.jp/nijinokayaker
○UrauraNews(http://iwaijima.jugem.jp/
等で紹介されています。

 

続きを読む "「STOP!上関原発!」 メルマガ 第84号(2011.11.19)"

2011年11月16日

前売り発売開始!佐藤タイジ×田中優×鎌仲ひとみ『NO NUKES LIVE』 [ イベント情報, 鎌仲監督スケジュール ]

NO NUKES LIVE 『KEEP ON ROCK'IN IN A FREE WORLD』
      佐藤タイジ×田中優×鎌仲ひとみの最強タッグ!

5-26 佐藤タイジ.jpg

Yu-earthday-300x199.jpg ph02.jpgNO NUKES LIVE『KEEP ON ROCK'IN IN A FREE WORLD』

【日程】2012年01月17日(火曜日)

【時間】開場18:30/開演19:30

【会場】阿佐ヶ谷ロフトA http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

【出演】
佐藤タイジ(THEATRE BROOK / THE SUNPAULO)
田中優(未来バンク事業組合理事長)
鎌仲ひとみ(グループ現代)

続きを読む "前売り発売開始!佐藤タイジ×田中優×鎌仲ひとみ『NO NUKES LIVE』"

2011年11月15日

飯田哲也×鎌仲ひとみ 映画上映とトーク@遠野 「三陸復興と自然エネルギーの未来」 [ 上映会情報, 鎌仲監督スケジュール ]

三陸エコビジョン・プレフォーラム・パート2

〜三陸復興と自然エネルギーの未来〜

 

期日:1123日(水・祝) 場所:遠野市民センター大ホール・ホワイエ

入場料(映画鑑賞券):前売り¥1,000当日¥1,200/被災者は無料(自己申告制)

  自然エネルギーの未来オモテ改.jpg

スケジュール

《市民センター大ホール》

1000 主催者挨拶

1010 映画上映「ミツバチの羽音と地球の回転」

1225 上映終了挨拶・休憩

1330 記念講演:鎌仲ひとみ(映画監督)

1430 会場参加者とのトーク

1510 休憩

1530 特別講演:飯田哲也(環境エネルギー政策研究所代表)

1700 会場参加者から2人への質問とフリートーク

1800 閉会挨拶

1830 交流会(あえりあ遠野・会費制)

 

 

《市民センターロビー(ホワイエ)にて》

10001300

◆国内での自然エネルギー事例のポスターセッション同時開催

 小水力、バイオマス、波力、地熱、太陽光、風力、自治体の取り組み、民間制度、他

  木質バイオマス利用の焼き芋コーナー

  アクリルたわし作り体験コーナー

  まごころ種配布コーナー

  その他(更により多くの人を集めるためのアイディア大募集中!)

 

10001830

◆自然エネルギー関連書籍、エコグッズ、オーガニック農産物、三陸海産物、被災地支援チャリティーグッズ、三陸復興支援産品等の販売

◆被災地支援団体の活動パネル等の展示

 

 

 

2011年11月 9日

「ミツバチ」全国自主上映情報 (11月19日~30日) [ 上映会情報 ]



「ミツバチの羽音と地球の回転」 11月後半の自主上映情報をお知らせいたします!
11月4週目には、過去最高記録に並ぶほど沢山の上映会が予定されています!
この機会にぜひぜひ、お近くの会場へどうぞ!

すべての自主上映情報はこちらです
****************
 

<千葉県八千代市>

11月 21日 (月)

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲監督トークin八千代市
【会場】八千代市勝田台文化センター/八千代市勝田台2-5-1
【プログラム】1回目 開場  9:30/上映10:00
        2回目 開場13:30/上映14:00
        3回目 開場17:30/上映18:00
【参加費】前売り1000円、当日1200円 ※中高生以下の方は主催者にお問い合わせください
【主催】 「ミツバチの羽音と地球の回転」をみる会
【問合せ先】 浦 /090-8587-0814/urara17●nifty.com
●を@にしてください


<埼玉県所沢市>

 11月 21日 (月)

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in 所沢市

【会場】所沢ミューズ5階第2展示室/所沢市並木1-9-1
【プログラム】開場 13:40/上映 13:50
【参加費】1000円
【主催】2112西武線
【問合せ先】及川/04-2953-7885



続きを読む "「ミツバチ」全国自主上映情報 (11月19日~30日)"

2011年11月 8日

「婦人公論」最新号に鎌仲監督インタビューが! [ メディア掲載 ]

現在発売中の「婦人公論」に、鎌仲ひとみ監督のインタビューが掲載されています!

ぜひ、書店などでご覧になってください。  瀬戸内寂聴さんの表紙です!

1928_issue_img.jpgのサムネール画像「婦人公論」公式ホームページ
http://www.fujinkoron.jp/

最新号  2011年11月22日号(11月7日発売)  もくじ

http://www.fujinkoron.jp/newest_issue/index.html

シリーズ 原発を考える
 

蜜は採っても、花を壊すことのない未来を
                    鎌仲ひとみ

 

続きを読む "「婦人公論」最新号に鎌仲監督インタビューが!"

2011年11月 6日

11月26日とちぎ国際有機農業映画祭2011 原発特集! [ 上映会情報, 鎌仲監督スケジュール ]

作品上映後、鎌仲ひとみ監督の講演もあります!

 

とちぎ国際有機農業映画祭2011 原発特集
http://blog.yuki-eiga.com/?eid=1391092

 子どもたちに残したい未来。どんなものですか
 3月11日に起きた福島第一原子力発電所の事故。
 それ以来、私たち農業者の生活は一変しました。
 今まで当たり前に享受していた空気、水、土、そして美しい田畑の風景。
 それらが原子力発電所の事故によって汚されたのです。
 そしてそれは、原発の危険性を見ようとしてこなかった私たちにも責任の一端はあります。
 私たち有機農業者は作物、作物以外の植物、動物、目に見えない小動物、微生物、すべてのいのちに携わるものとして原発とは共存できません。
 今後どんな社会をつくっていくか、それは今の私たちの責任です。
 2011年の上映作品は「いのち、放射能、子ども」をテーマに選びました。
 作品を通してみなさんともう一度考えたい。
 あなたはどんな未来を創りたいですか?

とちぎ国際有機農業映画祭2011

 日時:2011年11月26日(土) 10時~18時
 会場:栃木県佐野市中央公民館
    住所 佐野市金井上町2519
    電話 0283-24-5771
 上映作品:「山のかなた」「子どもたちを放射能から守れ」
      「源八おじさんとタマ」「隠された被曝労働」
      「みえないばくだん」「ミツバチの羽音と地球の回転」
      作品上映後、16時30分より鎌仲ひとみ氏講演
             「放射能汚染をどう生き抜くか」
 入場料:前売り 1200円 再入場可
     当日  1500円
     ※席に限りがあります。前売りで完売した場合は、当日
      券の販売は行いませんので、早めにご購入ください。
     ※託児あり(有料一人500円・要予約)

 問い合わせ:とちぎ国際有機農業映画祭実行委員会
       (セーフティショップまなべ)
       メール s-manabe@cello.ocn.ne.jp
       電話   0283-22-8261
       ファクス 0283-21-6935

 主催:有機農業ネットワークとちぎ
 後援:佐野市、佐野市教育委員会

  チラシ表 http://yuki-eiga.com/doc/totigi2011_omote.pdf
     裏 http://yuki-eiga.com/doc/totigi2011_ura.pdf

鎌仲ひとみ監督 11月スケジュール [ 鎌仲監督スケジュール ]

昨日、たくさんの出会いと、これからにつながる展開の可能性を携えて、アメリカより戻ってまいりました。現地でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。

さて、本日からはまた、日本国内を飛び回ります。

まずは若者たちの中へ!

11時から恵泉女学園大学

15時から明治大学へうかがいます!

その後も、岩手から、沖縄まで!ぶんぶんいたします。

 

<<< 鎌仲ひとみ監督スケジュール >>>

1日~5日 アメリカ滞在

6日 恵泉女学園
   明治大学
9日 多摩美術大学
   雑誌取材
10日 宇都宮大学(栃木県宇都宮市)
   早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞受賞式
11日 愛媛大学(愛媛県)
12日 今治市波方公民館大ホール(愛媛県今治市)
15日 信州大学教育学部(長野市)
16日 多摩美術大学
17日 雑誌取材
18日 メルパルク京都(京都市)
19日 川和保育園(横浜市)
21日 八千代市勝田台文化センター(千葉県)
23日 遠野市民センター大ホール(岩手県花巻市)
24日 山形高教組女性部学習会(山形県)
26日 佐野市中央公民館(栃木県佐野市)
27日 長崎原爆資料館ホール(長崎市)
28日29日 宮古島シネマパニック(沖縄県)
30日 多摩美術大学