2013年2月 6日

★拡散希望★2/16(土)~21(木) オーディトリウム渋谷にて「ミツバチ」再上映決定!


国内外の1300ヶ所以上で上映

15万人が見た

話題のドキュメンタリー2作品

『ミツバチの羽音と地球の回転』『内部被ばくを生き抜く』

2/16()21() 渋谷で再上映決定!!

(監督トーク有)


auditorium_2013_flyerlight.jpg

「原発・放射能」と生きる私たちの未来とは?

今こそ知りたい「現実と希望」がここにある。


大震災とあの原発事故からほぼ2年。
あれから私たちのくらしをめぐる状況はどう変わったのでしょう?
今でも、現場で事故の収束のために働いている人のこと、放射能汚染地で暮らしている人、避難を強いられた人、避難したいのにできずに迷っている人、自分の将来に希望を持てない子供たち、がいる一方で、相変わらず原発をおしすすめようという、世界と逆光するような動きが根強くあります。

今だからこそ改めて、未来のことを考えたい。
何に気をつけて、どう生きていくか。
現状と向き合いながら希望を持ち続けたい。
そんな想いをひそかに抱えた人たちに、改めて今もう一度見ていただきたら・・・

ということで、久しぶりに都内の映画館での再上映が決まりました!

あわせて最新作「内部被ばくを生き抜く」も同時期に上映します。

「あ~あのミツバチの映画ね~

気になってたけどまだみてないんだよね~」


っていう方、けっこう沢山いると思いますので、

ぜひこの機会におすすめください!

 

【上映期間】

2/16()2/21(木)

【スケジュール】
『ミツバチの羽音と地球の回転』  11:50~  

『内部被ばくを生き抜く』  14:50  
                  
*鎌仲ひとみ監督が来場!!
2
17日(日)、19日(火)、20日(水)、21日(木)の4日間
『ミツバチの羽音と地球の回転』 上映後:監督トーク(30分程度予定)
『内部被ばくを生き抜く』上映前:監督舞台挨拶

【劇場】
渋谷オーディトリウム 
渋谷区円山町1
5 キノハウス2F(渋谷・文化村前交差点左折)
http://a-shibuya.jp/


【チケット価格】
『ミツバチの羽音と地球の回転』

当日一般 1,700円/大学生・専門学校生 1,400円/シニア 1,200円/

高校生 800円/中学生以下500


『内部被ばくを生き抜く』

当日一般 1,300円/学生・シニア・高校生・中学生以下 1,000


当日一般半券リピーター割引有ります!

いずれかの半券を持参して頂くと、2作品目は学生価格で入場できます!

 


■監督 鎌仲ひとみ メッセージ
『ミツバチの羽音と地球の回転』は未来のエネルギーをどうするのか?と問いかけるために作った映画です。
大きな矛盾と不条理をはらみながら、増え続けてきた原発。
カ メラと共に旅する中で、上関原発の建設に30年近くも反対してきた瀬戸内海・祝島の人たちと、持続可能なエネルギー政策を実践してきたスウェーデンの人々 に出会いました。そして彼らの暮らしから勇気をもらい、身近な自然の営みの中にも、実はこれまで見過ごしてきた多様な再生可能エネルギー資源が存在するこ とに気づきました。
2011
311日、新しいエネルギー政策の可能性を示した『ミツバチの羽音と地球の回転』を上映していたまさにその時、東日本大震災は起きました。
原発が爆発した国に生きるとは? 放射能汚染は私達にいったいどのような影響を与えるのか?
震災後の日本に生きる全ての人に届けようと作った映画が『内部被ばくを生き抜く』です。
「生き抜く」という意志的な姿勢をこの映画に登場する医師達や、福島で生きる選択をした家族からくみ取って頂けたら、と願っています。
原 発事故から2年。放射能汚染の影響はこれからが正念場です。情報を透明にすることで子どもたちを守り、私たちの暮らしの根っこを大切にする。また原発をど うするのか、というやっかいな問題を解決するためにも、今こそこの映画を観て一歩進む糧にして頂きたいと切望しています。




トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://888earth.net/mt/mt-tb.cgi/657